跳ぶ発想

鈴木敏文氏の「わがセブン秘録」(プレジデント社)の中で、”跳ぶ発想”が紹介されている。

鈴木氏は、業界の常識にとらわれない発想で、周囲から無理だと反対された事業をいくつも成功させてきた。

その根本の発想が、”跳ぶ発想”であった。

この発想のポイントは、過去の延長線上では考えない点にある

顧客の視点から必要なもの、求めているものを明らかにし、どうやったら達成できるのか、将来視点から考えるという。

この発想は、ビジョンから逆算して大きく高い目標の達成を目指す、トランスフォーメーション思考と似ている。

特に現代は、過去の延長線上のビジネスでは厳しくなっている業界が多いため、この発想はより重要になってくるでしょう。