トランスフォーメーション思考はどの業種でも通用するのか

答えは、イエス です。

すべての会社がすぐにV字回復できるわけではありませんが、今のところ、業種で見てみると、通用しないものはないようです。

ただし、会社で見ると、どこでも成功するわけではありません。

特に成長意欲がなかったり、他者や社会への貢献など考えられない、といった利己主義的な経営者には難しいでしょう。

しかし、苦境に陥って、やる気を失ったように見える経営者や従業員の方でも、ビジョンと成功への道筋が見違えるようにモチベーションが上がり、行動力が出てくることは珍しくありません。

 

また、業種や過去の実績ではなく、自分や自社のビジョンにこだわることをお勧めしているので、既存の業界の狭い枠で考えることを壊すことが当たり前になります。

 

そして、単純なビジネスモデルではなく複数の軸やコラボを推奨するように、顧客に満足してもらえるような価値の提供を目指すため、業種や業界にとらわれていては達成するのは難しいのです。

 

もちろん、企業だけではなく、個人にも通用すると確信しています。