経営者の孤独

経営者は”孤独”だと言われます。

社内では、社長や会社の最終責任者の立場や役割を本当に理解してくれる部下がほとんどいません。

傍目には理解し、協力してくれる幹部や従業員はいるでしょうが、個人補償をし、将来を社長ほど真剣に考えているポジションはないでしょう。

家族も、経営に関してはなかなか理解が難しいようです。

奥さんが経理をしている中小企業も多いですが、経営、経営戦略などについて、社長と話しているのは殆ど見たことがありません。

だから社長は何でも一人で背負いがちです。

そもそも何でもできる社長などいないでしょうし、なる必要もありません。

社長に必要なのはビジョン(進むべき方向)とパッション(情熱)だと思います。

その他は、専門家、公的支援、協力者など、外部のリソースを積極的かつ有効に活用すべきです。

自分だけでやろうとすると、多大な労力のわりに成果は少ないと感じるでしょう。

自分のビジョンの達成のために、必要なものを外から導入して、リーダーシップを持って統制し、適切に活用すれば、リスクが少なく大きな成果が得られるでしょう。

自分だけで、自社だけで頑張ろうとせず、周りを巻き込むことがこれからのビジネスで大きく伸ばすポイントとなるでしょう。