マッチング

トランスフォーメーション思考では、外部リソースの積極的活用を推奨している。

中小企業は、自社の経営リソースであるヒト・モノ・カネ・技術が不十分なためである。

新事業開発では、ビジョンを明確にして、どうやったら達成できるのか考えることになるが、自社の経営リソースだけだと、すぐにあきらめてしまうことも、外部リソースを活用できるとなると、一気に可能性が高まってくる。

つまり他社とのマッチングが有効なのだ。

マッチングで一番大事なことは、ビジョンに共感してくれる相手かどうかである。

そして、自社の強みと相手の強みをかけ合わせて、シナジーを創ることを必死で考えることだ。

マッチングありきだと、お互いがその時に連携可能なリソースだけ持ち寄ってビジネスを始めてしまうことが良くある。

これは、シナジーではなく、妥協であり、大きなビジネスにはならない。

強みをかけ合わせ、大きく革新的なビジネスを創り出そうと、最初からプロセスを合意しておくことが要となるだろう。

マッチングは、ビジョンに共感し合う愛称だけでなく、その後のプロセスの合意も含めるべきである。