マニュアル化

「マニュアル化」という言葉の響きは、良くないイメージで聞こえる人も多いと思います。

人を機械のように扱う、個性を尊重しない、効率重視で間違えると大変、のようなものだろうか。

しかし、実際は非常に役に立つものなのです。

業務やサービスの改善をするためには、現状の状態を正しく把握する必要があります。

質を上げていくためには、みんなで取り組んでいかなくてはならないのですが、一人一人がばらばらに努力しても、お客様にとっては理解できないことが多いのではないでしょうか

接客する人によって態度が違い、来るたびに味が違うレストランを想像してもらえばわかっていただけると思います。

またマニュアルはノウハウや技術をまとめたものなので、社員全員で意識合わせができます。

そして定期的に見直し、みんなで成長するツールとして活用していくことで、会社としてのレベルアップも図られるのです。