人材

新事業開発を実行し成果を出すためには、当然、社長以下従業員の方が行動を起こすことが求められる。

新事業は、従来の業務と異なり、試行錯誤の連続であることに加え、大抵は、現状業務にプラスしてやらねばならないことが多い。

中小企業には専門でやってもらうだけの余裕がないことが多いからだ。

また、自身で考え行動するといった習慣がないと、リスクを恐れ、また面倒なため、積極的に取り組まないことも多いでしょう。

中小企業には優秀案人材が少ないとよく言われますが、逆に優秀な人材がいれば、すべて新事業がうまくいくなら、優秀な人材を雇えばいいだけかもしれません。

実際は、全社で一丸となって取り組む雰囲気づくりをできるかどうかが、新事業がうまくいくかどうかのポイントとなります。

人材はスキルや頭の優秀さではなく、会社の理念やビジョンに共感し、その実現に向け、積極的に自ら考えて行動を起こしてくれる人が本当に欲しい人材です。

それは見つけるのではなく、ビジョンを軸とした仲間の意味になるかもしれません。