知の探索

今の日本企業特に大企業の低迷は、「知の探索」が不足しているからだという。

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」入山章栄氏の本で学んだことだ。

日本企業はイノベーションが足りないと言われているが、以前はそうでゃなかった。

今は、既存の技術や製品をもっと良くすること、つまり「知の深化」に注力しすぎで、全く新しいことにチャレンジする「知の探索」が不足しているらしい。

大企業の経営者の保身体質が会社をダメにしている例は目につくが、やはり同じことらしく、新しいことにチャレンジすることはリスクが大きすぎるのだという。

アメリカは逆らしい。

「知の深化」がたりないらしい。

アメリカは成功した時の報酬が桁違いだし、会社を辞めることはあまりリスクでないが、日本企業では、成功しても報酬は少なく、失敗はかなりリスクが高いことが原因ではないだろうか。

いずれにせよ、どちらがいいではなく、「知の深化」と「知の探索」のバランスが重要なのだという。