外部リソースの活用

トランスフォーメーション思考では、過去の延長線上ではなく、ビジョンから逆算した、ワクワクする事業を目指すことを考えるのだが、大きなビジネスをするためには、外部リソースの活用がポイントとなる場合が多い。

2017年版中小企業白書で外部リソースの活用が特集されている。

ただ、ここでの外部リソースの活用は、自社で必要な経営資源を手伝ってもらう発想から抜け出ていないようだ。

ビジョンや想いを共有した仲間を集めるという発想が欠けている。

それでも、自社だけで頑張ろうとするのではなく、どんどん外部リソースと使っていくことは重要だし、そうせざるを得ない状況になっている。

人手不足だ。

自社の従業員の能力不足に悩む社長は多いが、人手がいれば、何とかなったが、人手がいないと何ともならないことが増えてくる。

工夫せざるを得ないのだ。

これからは外部リソースをどれだけうまく活用できるかが、生き残りのカギになるだろう。