連結ピン

アメリカの組織心理学者のリッカートが組織の中でのマネージャーの役割として提唱したのが「連結ピン」です。

特にミドルマネージャーが部下と上司をつなぐ重要な役割を組織として担っていると述べています。

トランスフォーメーション思考では、外部リソースの積極活用を薦めていますが、これは企業と企業とのコラボや連携を意味します。

その場合、コンサルが連結ピンの役割を担うこともあるのです。

ただ、長期に継続性を考えれば、核となる確固としたビジョンを持つ中心企業が連結ピンになることが望ましいのかもしれません。

連結ピンはだたつなぎとめているだけではなく、つながっている企業がシナジーを発揮できるような役割を果たすことが重要です。