経営の安定化

経営者なら、変化する環境にも負けず、柔軟に対応して成長し続ける経営をしたいと願うのではないだろうか。

100年企業倶楽部なるものがあるように、安定した経営を長年にわたって継続することは至難の業ともいえるだろう。

素晴らしい名経営者になることもひとつの手段だが、従業員が自ら経営の一翼を担うようになる仕組みを作ることのほうが、まだよさそうだ。

稲盛和夫氏のアメーバ経営がそれにあたるらしい。

社員全員が経営意識を持ち、一つのベクトルで意思統一でき、自分たちで常に考え、個も全体も把握しながら積極行動に結びつけるという。

もちろん、たやすくはないが、カリスマ経営者はいなくなった時に比べれば、チャレンジする価値はあるだろう。

なにしろ、成果だけでなく、社員や取引先の満足度も高く、モチベーションも上がり、幸せ度数が高そうである。