グリットの正しい理解

成功者には法則がある。

その中の一つが、グリット=やり抜く力、だ。

よく言われるのが、1万時間何かに打ち込めば、その分野の1流になれる、がある。

そうれはそうだが、好きでもないものを1万時間続けられるようには人間はできていない。

理由は、飽きる、からだ。

グリットの根本は、強靭な精神でも肉体でも高等スキルでもないという。

自分を信じ、将来を楽天的にとらえ、できれば周りを巻き込んで、何でも楽しもうとする人が当てはまるという。

大変な困難に陥ったり、とんでもない失敗をしてしまった時でも、とっさに自分をフォローアップできる人だ。

難しいことではない。

「大丈夫」「きっとできる」「これからうまいく」などのポジティブなつぶやきが有効だそうだ。

逆に、ネガティブな「私はダメだ」「きっとうまくいかない」「運が悪い」なっどの言葉は、精神へのダメージが大きいという。

具体的に効果がある方法として、なりたい自分をイメージし、演じることだという。

このイメージが非常に大事で、明確なイメージほど成功しやすいと言われている。

とりあえず、口癖を楽天的な言葉に変え、行動量を増やせるよう楽しんでやる方法をみつけてみよう。