ビジネス・トランスフォーメーション思考とは

いきなりですが、「トランスフォーメーション思考」は造語です。))

 

中小企業向けのコンサルタントをやっていて、見つけました。

過去の延長線での発想ではなく、将来のビジョンから逆算して

跳躍するように成長を目指す考え方です。

 

この考えに至った背景には、中小企業の酷い現状があります。

人口減少により産業が衰退局面に移行しているので、当然のごとく

受注量は徐々に減っています。それに加え、小ロットになり、より

短納期での要求が強まっています。

 

また、大企業も新規採用や人材教育を抑えているため、製品や技術を

わからない担当が増え、無理難題やトラブル解決を押し付けてきます。

 

またまた、今までやっていなかった梱包やタグ付けのような手間を

どんどん押し付けて来ます。それで単価を上げてくれるならよいのですが

逆に値下げを繰り返し要求されるのです。

 

上記のような状況は、業種業態を問わず、広がっており、単純作業や

サービスの下請けであればあるほど、追い込まれていきます。

 

とどのつまり、今までの仕事のやり方では早晩立ち行かなくなります。

大胆な発想の転換が必要なのです。

 

言うのは簡単だができっこないと思われた経営者の方、ご安心ください。

私はもともと事業再生が専門ですが、万年赤字で債務超過の企業で

ヒト・モノ・カネ・ノウハウがなくても、新事業をいくつも立ち上げたり

儲かるビジネスに転換することは可能なのです。

今のところ業種業態は関係ありません。

 

その根底の考え方が、「トランスフォーメーション思考」です。

これからブログで事例を含め、じっくり紹介していこうと思います。