ビジネスモデルの条件

ビジネスモデルとは、簡単に言うと、儲ける仕組み、であろう。

ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」入山章栄氏では、優れたビジネスモデルの4条件を挙げている。

ただし入山氏によれば、この4条件は、アミット=ゾットの2001年論文からのものであるとのことだ。

4条件とは、

 効率性

 補完性

 囲い込み

  新奇性

とのこと。

すべての4条件を満たすビジネスモデルの構築は難しいが、特に、「新奇性」がポイントであるらしい。

分析結果として、「新奇性」が高いと、一貫して高い企業価値を示すらしい。しかし、「新奇性」と「効率性」の両方を求めると、逆に企業価値は低下するという。

感覚的に納得できる話ではある。

新しいビジネスアイデアを創出し形作っているときに、効率性は妨げになるのだろう。ビジネスモデルがある程度完成されてから効率化を図るなど、メリハリが必要なのだろう。

これはまるで、長所を伸ばすのと短所を改善するのを同時に行うな、という教訓に似ている。