閃き

閃きは一部の天才のものではないらしい。

松下幸之助は、閃きの基本は熱意だ。と言っている。

熱意があると絶えず考え、寝る間も惜しんで仕事をしている状態が続くと、不思議に新しいことが浮かんでくるという。浮かんでこないなら熱意が足りないのだという。

稲盛和夫も、美しい心を持ち夢を抱き、一所懸命に誰にも負けない努力を重ねている人に、閃きは神の啓示のごとく降りてくる、と言っている。

つまり、考えて考えて考えつくしたと持ったところから、また考えることを何度か繰り返すだけの努力が必要であり、それをやり通すには熱意がないとできないということであろう。

やはり好きなことでないとそうはいかないのだろうと思うのです。