ビジネスチャンス

トランスフォーメーション思考では、事業の見直しや新規事業の立ち上げ、そして複数の事業を軸を持つことを薦めています。

特に、ビジョンを軸とした規模の大きなビジネスを、外部リソースを活用して、実現することを推奨しています。

大企業にとっては、新事業規模は最低100億円とかなるかもしれませんが、中小企業にとっては、その100分の1くらいでも成り立ちます。

世の中にない新しいビジネスを創り出すことだけが中小企業のビジネスチャンスではありません。

今トレンドになっているものでも、他社がやっているものでも、扱えるのなら自社のテリトリーで、事業領域で競争力があるなら、十分ビジネスチャンスです。

また、ビジネスチャンスは、頭が柔らかくなれば、どんどん湧いてきます。

イデア発想と同じです。

当然、それがすぐにビジネスとして儲けることができるのは難しいでしょう。

大事なのは、発想に留めずに、どんどん試してみることです。

その時に大事なのは、リスクを考え、小さく数多く試すことでしょう。

失敗を恐れず、逆に失敗を想定して、どんどん試すつもりでいきべきでしょう。

ビジネスチャンスは見つけるものではなく、数多くの失敗を経ながら、創り出すものと考えれば、少々の失敗は苦になりません。